ED治療薬で安全に治療するために注意するポイント

EDの改善が期待できる治療薬には注意点があります。安全に服用し効果を最大限引き出したいのであれば、注意点を守る必要があります。間違えた飲み方をすると、EDの改善効果を感じられなかったり、重い副作用が起きかねません。ここぞというときに効果を発揮できるように、飲み方の注意点は知っておきましょう。

*

主成分バルデナフィルで症状改善!ED治療薬レビトラの服用で注意したい点

   

レビトラはED治療薬としてはとても優秀です。とはいえ飲み方には、いくつかの注意点を頭に入れておきたいものです。

レビトラを服用するタイミングに注意する

優秀と言われる理由の一つに、飲むタイミングが挙げられます。即効性があるのですが、効果が出るのは服用後20分ほどです。そのため飲のが遅くなってしまうと、いざという時に間に合わないといった事態になりかねません。目安としては性交渉の30分前に使っておくと良いでしょう。ただし、人によっては多少の差がありますから、事前に何度か服用してみて、自分なりの使い方を探しておくのが無難です。

飲み方を間違えると副作用が発症する可能性がある

次にレビトラを飲む際には、水を使うことが多いのですが、お茶やジュースといったものでも問題はないとされています。しかし、お酒に関してはもともとアルコールに弱い人がいますから、注意したいです。それにグレープフルーツは予期せぬ副作用が出る可能性もゼロではないので、避けておくに越したことはありません。

レビトラの服用量に気をつける

加えてレビトラの服用量にも気をつけておきましょう。5、10、20ミリグラムの3種類がありますが、最大の効果を得るために20ミリグラムから始める人がいます。

ところがそれだと体が慣れてしまって場合、それ以上飲むものがなくなってしまう恐れがあります。それに5ミリグラムでEDの改善ができているのに、10ミリグラムを服用しても意味がありません。その点、徐々に増やしていけば、適量を見つけやすくなるのです。

連続して服用するには24時間あける

基本的には、レビトラは即効性があってしかも十分な持続力が期待できます。そのおかげで一回の性交渉で何度も服用する必要に迫られることは少ないです。ただ、それでも連続して使用したいのであれば、最低でも24時間はあけるようにしておくと、体への負担を減らせます。

仮に適切な間隔をあけているのに、頭痛や鼻づまりといった症状が出るなら、しばらく服用するのをやめて様子を見ましょう。体調が戻らないなら、すぐに専門医に相談しておくと重大なトラブルになるのを避けられます。