ED治療薬で安全に治療するために注意するポイント

EDの改善が期待できる治療薬には注意点があります。安全に服用し効果を最大限引き出したいのであれば、注意点を守る必要があります。間違えた飲み方をすると、EDの改善効果を感じられなかったり、重い副作用が起きかねません。ここぞというときに効果を発揮できるように、飲み方の注意点は知っておきましょう。

*

主成分タダラフィルの効果を知る!ED薬シアリスの服用で注意したい点

   

ED治療薬のシアリスにおける飲み方の注意点について正しく知るためには、まずはシアリスのED治療薬としての効果・効能について正しく理解する必要があります。

シアリスはPDE5型酵素の働きを邪魔する

シアリスの有効成分は、タダラフィルという医薬品です。タダラフィルは、医薬品のジャンルではPDE5型酵素阻害薬に入ります。つまり、PDE5型酵素の働きを邪魔する医薬品です。

PDE5型酵素は血流を減少させ勃起させなくする

PDE5型酵素は体内に元々ある酵素で、勃起現象を終了する作用を持ちます。男性が性的に興奮したり刺激を受けると、性器の細胞では血管拡張物質が大量に作られて陰茎内の動脈血管が拡張して血流も増加、勃起が起きます。

PDE5型酵素は、勃起現象が起きる時に大量生成された血管拡張物質を破壊する酵素です。PDE5型酵素が働きかけると、血管拡張物質が急激に減りますので陰茎の血管は弛緩して血流も減少し勃起は終わります。

有効成分タダラフィルで勃起が持続する

シアリスの有効成分のタダラフィルは、PDE5型酵素阻害薬としてこの酵素の働きをシャットアウトし血管拡張物質の減少を防ぎます。その結果勃起現象が持続するのが、タダラフィルのED治療薬としての効果・効能です。

このように、有効成分のタダラフィルには血管の拡張を維持する作用がありますからシアリスを服用することで血圧の低下が起こる可能性があります。

シアリスは降圧剤との併用はできない

飲み方の注意点は、血管の拡張による血圧低下と関連しています。高血圧の治療目的で降圧剤を使用中の人がシアリスを服用すると、降圧剤の有効成分とタダラフィルの双方の作用により血圧の大幅な低下が起きる危険性がありますから併用は禁忌とされています。

併用して薬をのむ時は医師の指示に従う

降圧剤の他にも、血管の拡張作用のある医薬品との併用については飲み方に厳重な注意が必要です。特に、血管を拡張させることで循環器の重篤な病気を治療するニトログリセリンに代表される硝酸系の薬とシアリスを一緒に使うと、生命に危険が及ぶほどの急激で大幅な血圧の低下が考えられ併用は絶対に禁忌です。

ED治療薬のシアリスを安全に使用するためには、既往歴や使用中の医薬品について正しく医師に申告して飲み方の注意点について指導を受けることが大前提です。